三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

2018年11月

こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


太鼓の修理がやってきました。


巴が書かれている太鼓ですねぇ


縁まで塗られています!
白い皮に黒い巴が一般的なのですが、レアなケースですねぇ。
IMG_20181119_101616815
こ〜お太鼓ちゃん、どこの修理かというと………





IMG_20181119_101545047
反対側の張替えでした!!


この太鼓ちゃんは胴まで塗装していますねぇ



ここまで綺麗な太鼓はなかなか見かけませんね。
大切にされて来た事が分かります。

IMG_20181119_101548951
中央を奇麗に叩いているなぁ。


ここに嫁いだ太鼓ちゃんは幸せものだねぇ



キレイに張替えて送り出すからね。






今日もありがとうございます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


あぁぁ、箏の表面が凹んでる!!

IMG_20181127_174402078



箏柱の足がめり込んでしまったようです(涙)


上からもの凄い力が加わったんでしょうね。
お客様がかなり落胆していたと聞いています。

そりゃ誰だって、大事にしているものに傷がついたら落ち込みますよ。


でも



安心してください!


綺麗になるんです!!



ほら!!


IMG_20181127_180316264

木製の場合、凹んだところは浮かせることが出来ます!


パテのようなもので埋めることもあるのですが、そうすると木目を合わせる必要が出てきます。

なので、三島屋さんは極力浮かします。


さて、浮かせたあとは、色合わせて完了なのですが、


あっ!!


仕上がった箏の写真を撮るの忘れてしまった・・・・・



すみません、同じような修理が来たらまた紹介しますね。



今日もありがとうございます。



修理のご依頼はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。



福山市は言わずと知れた「琴の街」!!


それを紹介するパンフレットを

福山観光コンベンション協会
さんに作成していただいています。

-sScan0366

発端は全国高校総合文化祭(総文)が広島県で行われる事になった際


日本音楽部門が琴の街ということで福山市で開催されることになりました。


にもかかわらず、来福(福山に来る事を表します。なんか福が来るみたいでいいね!)する
全国の高校生に琴の街を紹介する物が何もなかったのです・・・


そんなことから、福山観光コンベンション協会より作成していただく事になりました。

ホントは私たち琴組合がやるべき事だったのですが・・・・
福山観光コンベンション協会さん!! ありがとうございました!!


-s-sScan0368のコピー



内容は、福山琴の歴史 や 福山琴にまつわる偉人の紹介

もちろん、観光スポットも紹介されていて

本当に、良い仕上がりです!!

-sScan0369


このパンフレット、総文終了後も


福山に豪華客船が寄稿した際やイベントなどで観光客に配布されています。


また、この様なPR活動が繋がり鞆の浦ではツアーの中に琴の音色を楽しむ企画も誕生したんですよ。


琴組合だけではきっとこの様にはなっていなかったでしょうね。


こうやって、福山市以外にもPRできるツールを使ってドンドン発信するぞ!!


BlogPaint
この工場も、見学可能な工場に加えてもらいました。(シールだけど・・・)




今日もありがとうございます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


この度、新潟県立駒林特別支援学校さんより


和太鼓ワークショップの依頼がありました。


PTA行事の一環として


「おやこでたいこをたのしもう!」


と銘うち、長岡本社より、訪問させて頂きました!!

駒林支援学校 (1)
※本社より長谷川・小杉を派遣。ズボンは作業服ですが、会社の制服なのでご勘弁を。




駒林支援学校 (2)
はじめは直立だけど、先ずは打つ楽しさを知ってもらいましょう!!



駒林支援学校 (3)
小杉先生、実はデビュー戦です。



駒林支援学校 (4)
本来、授業であれば先生と子供達だけですが、


今回は保護者が一緒に体験することで、子供たちの安心感が伝わって来たそうですよ。


長谷川曰く
リズムを取るのは難しそうにしていたけど、
楽しそうに太鼓を叩いていた笑顔がとても印象に残ったとの事です。



子供の笑顔には、周りを明るくする力があるし、


いろいろな力を与えてくれるような気がします。



帰りの車内は、温かい気持ちで満たされていたみたい。


良い経験をさせて頂きました!!



ワークショップについてのご相談は

こちらのメールまで
 mishimaya_3408.co.jp ( _ のところを@に変えてください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


先日、本社から桐の木が運ばれてきました。


IMG_0909

この丸太がお筝になります。


この木で大体 45歳


立派に育ってくれました。



さて、お筝にするために先ずは、皮むきから


備後地方は皮むぎって言います。


むく じゃなくて むぐ なんです。


BlogPaint
※表面の皮をむいでいます。


丸太1周むがないといけないので結構大変なのです。



皮むぎが終わったら、スミカケという作業に入ります。


どこを切るか決める作業なんだけど、この作業でお箏の顔が決まる


と~っても重要な作業になるんですよ。


出てくる木目を想像しながらの作業は、責任重大でもありながら


たのしい!


いずれ、紹介できればと思います。


その後は、甲挽き 乾燥 となるのだけど。

それはまたの機会に・・・・


IMG_20180726_082518986


IMG_20180726_082605505


今日もありがとうございます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

↑このページのトップヘ