三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

カテゴリ: 和太鼓

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

5月5日 こどもの日


IMG_20180505_091415137_HDR



広島県福山市の文化エリアで開催される子供が主役の音楽イベントなんですよ。





5回目の今年のテーマは





和の音楽イベントと言ったら、三島屋さんが出ないわけにはいきませんよね!!

そう思い手を上げようしていましたら、嬉しい事に実行委員会さんからお声掛けいただきましたぁ!!

当日は手作り和太鼓のワークショップを開催。

福山工場は、琴作りが専門だけど、太鼓も作っているんですよ!!



IMG_20180505_091343421





皮と胴に好きな絵を描き、和太鼓にします。



IMG_20180505_101755949

IMG_20180505_134207401

みんな思い思いの絵や模様をつけていました。

子供の感性は凄いですねぇ。思いもよらない絵を描いてきます。

BlogPaint

描き終わった子から、締めあげていきます。

本当は、ここもやってもらいたかったけど、難しいし、時間も無いしでスタッフが締めました。
この辺りは、何か考えないとね

IMG_20180505_135237328
かわいい


IMG_20180505_141038367
すてき

IMG_20180505_141555693
かっこいい


IMG_20180505_134007636

かわいいかわいい 世界に1つだけのマイ太鼓!


出来上がった太鼓はイベントのフィナーレを飾る太鼓ユニット我龍さんの演奏に合わせ

我龍ワークショップの子供たちと一緒に演奏。

IMG_20180505_162510641_HDR
※写真は我龍さんだけです。子供たちの顔がバッチリ写っちゃっているので掲載しませ~ん。


こどもの日の思い出になったみたいで、良かった良かった


心残りなのが、予定数よりも多くの希望者がいたので参加できなかった子供たちがいたこと。


またどこかでやるから、その時に一緒に作ろうね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

だんだん暖かくなってきて、夏祭りの検討をはじめている方もいるかもしれませんね。

お祭りと言ったら和太鼓は無くてはならないものですよね。

遠くから聴こえる太鼓の音色は風情があって良いものです

でも…


皮の緩みきった ボコボコ 鳴る太鼓や、ホコリをかぶった くすんだ太鼓では 雰囲気出ないですよね。

うちにもやって来ました!!
古〜い太鼓。

IMG_20180402_081943954


もう…打っても ドン とは言いません
皮が盛り上がっちゃてるし…

ホコリだらけだし、取っ手(カンと呼びます)も朽ちかけてる…


と言うことで、徹底的に直すことになりました!

皮の張替え以外にも、胴を磨いて塗り直し、カンも替えちゃいましょう!!


先ずは鋲を外さないとね

IMG_20180410_124856173_HDR
1つ1つ鋲を外していきます。

あっ!胴に巻いている青い帯は、皮を外したときに割れないようにするためのもので、予め締めておきます。

外し終わって、皮を剥がすと

IMG_20180410_124928548_HDR
当たり前だけど中身は空洞!

空洞だから響くんだけどね!

さて、次は胴を削る 胴仕上げ に移ります。

それは、次の機会に。



メールでのお問合せはここをクリック!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

お正月や、お祝いの席で見かけるこれ ↓
9c46291278081cc40d6ba294251a1678_t


見た目は丸いですが、包みをとると・・・

樽が出てきます。

IMG_20180319_115944823_HDR

樽は、お酒や、味噌、醤油を入れておくばかりではありません。

これが立派な打楽器になるのです!!

新潟市のお囃子には欠かせない伴奏楽器なんですよ。
足利の八木節にも使われていますね。
 

その音色は蓋の部分を小槌または太鼓撥でたたくと
和太鼓にはない コンコンという歯切れの良い音が出ます。

樽太鼓は自然の素材を使って手作りしているので、すべてが同じ音というわけじゃないけど
1斗樽(小)2斗樽(中)の音をアップしますね。

1斗樽はこちら↓


2斗樽はこちら↓



この音なら皮張の太鼓の中にあっても樽太鼓の音は際立つでしょう。

価格も皮の張った太鼓よりもかなり安いので、数を揃えたいときには良いですよね。

-s樽太鼓

詳細はここをクリック!! 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

和太鼓に使われる「皮」は何を使用してるかわかりますか?


殆どの和太鼓には「牛」の皮が使われています。

牛は食肉で広く流通しているので、最も手に入りやすく、大きい皮も十分取れます。

殆どと書きましたが、ではアトは何の皮が使われているのでしょう。

それは、馬(午)の皮です。
桶太鼓_DSC9498や鼓小鼓 2のコピーで使われます。

特に鼓に使う皮は、仔馬が良いとされていますが、なかなか流通しないので貴重なものになっています。

牛と比べて馬の皮はキメが細かいのが特徴で、艶のある、弾けた音(音の感じ方には個人差がありますが・・・)が出ます。ただ、耐久性は牛皮に劣ります。

さて
長岡造形大学 輪太鼓衆転太鼓舞 さん はどちらがお好みでしょう?
新皮練習 (4)

牛皮でした!! 以前は馬皮を使用されていましたが、弊社が耐久面が勝る牛皮をこの度新調されました。

耐久力が増した分、しっかり打ち込めるようになったのでしょうか、「音がよく飛ぶ!!!」

との事で、大変喜んでいました。

新皮練習 (2)
↑↑ 新しい皮で練習も気合が入っています!!

長岡市で開催された「雪しか祭り」で早速披露!

17)_180219_0051

かっこいいですね!!!

地元の団体の力になれて
私たちも嬉しい限りです!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

↑このページのトップヘ