三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

タグ:三島屋楽器店

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。


和太鼓、三味線に、皮って欠かせないですよね!!

その皮って、張るのでしょうか?それとも貼るのでしょうか?



???



漢字の意味としては

「張る」は、引っ張る、突っ張る、などの緊張状態を表していて

「貼る」は、シールを貼る、というように、接着を表します。


3408_130705_001
※ロープとジャッキで、皮を思いっきり引っ張っています!!


和太鼓・三味線の皮は、ピンと緊張した状態でないと音が鳴りません!

と、いう事は、皮張り

が、正解かな。



でも・・・三味線は、張った皮を糊で接着するんですよねぇ・・・



・‥…━━━☆・三味線皮張・和太鼓皮張り皮張りのお問合せは
下記のお電話または、メールで→→→ここをクリック!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

5月5日 こどもの日


IMG_20180505_091415137_HDR



広島県福山市の文化エリアで開催される子供が主役の音楽イベントなんですよ。





5回目の今年のテーマは





和の音楽イベントと言ったら、三島屋さんが出ないわけにはいきませんよね!!

そう思い手を上げようしていましたら、嬉しい事に実行委員会さんからお声掛けいただきましたぁ!!

当日は手作り和太鼓のワークショップを開催。

福山工場は、琴作りが専門だけど、太鼓も作っているんですよ!!



IMG_20180505_091343421





皮と胴に好きな絵を描き、和太鼓にします。



IMG_20180505_101755949

IMG_20180505_134207401

みんな思い思いの絵や模様をつけていました。

子供の感性は凄いですねぇ。思いもよらない絵を描いてきます。

BlogPaint

描き終わった子から、締めあげていきます。

本当は、ここもやってもらいたかったけど、難しいし、時間も無いしでスタッフが締めました。
この辺りは、何か考えないとね

IMG_20180505_135237328
かわいい


IMG_20180505_141038367
すてき

IMG_20180505_141555693
かっこいい


IMG_20180505_134007636

かわいいかわいい 世界に1つだけのマイ太鼓!


出来上がった太鼓はイベントのフィナーレを飾る太鼓ユニット我龍さんの演奏に合わせ

我龍ワークショップの子供たちと一緒に演奏。

IMG_20180505_162510641_HDR
※写真は我龍さんだけです。子供たちの顔がバッチリ写っちゃっているので掲載しませ~ん。


こどもの日の思い出になったみたいで、良かった良かった


心残りなのが、予定数よりも多くの希望者がいたので参加できなかった子供たちがいたこと。


またどこかでやるから、その時に一緒に作ろうね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

お箏の演奏に欠かせないものの1つにがありますよね。

邦楽業界の情報誌「邦楽ジャーナル」に野坂操壽先生が表紙に掲載されていたので野坂先生にちなんだ爪のお話でも。

Scan0236

野坂先生が使われているお爪

Scan02361

「寿爪」

といいます。

一般的な爪より肉厚なんですよ。

その理由は・・・・・・・・・・・・




弾く時の指の力が絃によく伝わるからです。


肉厚なので、爪の先まで力を逃がさずため込んで、一気に弾く!!

薄い爪だと、負けちゃうんです・・・

野坂先生の爪へのこだわりは並々ならぬもので、この爪が理想の形になるまでに10年以上、楽器屋さんと試行錯誤しながら作り上げてきたそうです。

そのあたりのお話は、

邦楽ジャーナル2013年4月号と5月号に「爪へのこだわり」

という特集が組まれています。

興味のある方は

こちらから、バックナンバーを購入できます。
    ↑をクリック!

また、2013年のジャーナルは、寿爪以外の爪のこだわり・爪輪・三味線・撥など、

いろいろなこだわりを各号で紹介していますよ。
check check!!


さて

この寿爪ですが、形・サイズの組み合わせは192もあるんですよ!
巾・落とし方・裏の刳り・先の厚みを、組み合わせるのです。

イラスト2
開発者の野坂先生が使う爪は2種類なのですが

先生曰く
「人の指は千差万別、私と同じ爪にしても、同じように寿爪の力が出ないと思う」

たしかに、手の大きさ・力の掛かり具合・指の形状は、人それぞれ・・・

爪に手を合わせるのではなくて、手に爪を合わせるという観点で

192種類も出来ちゃいました!!

これだけの種類の管理は大変だけど、ユーザーさんは自分の手に合わせられるから大満足と

全国の和楽器屋さんから聞くと、大変さも消えちゃいます!

特に、親指が反っているユーザーさんには、とても重宝されているみたい。

一般的な爪は、人の指の腹に合わせて爪の裏を丸く刳ってあるのです。
反り指の人は、刳りが指にフィットする分、爪も一緒に反ってしまうので弾きにくいそうで、
その刳りをフラットにした「刳り無し」の爪にすると、爪を立てた状態を再現できるので
弾きやすくなるようです。

しかも、反り指は親指が殆どなので

親指は「刳り無し」 他の指は「刳り有り」 なんて組み合わせも出来ちゃいます!!

爪が合わなくて困っているあなた!!

悩んでいないで、近くの和楽器屋さんに聞いてみて!!

「寿爪というお爪があるって聞いたんだけど」って
kotobukiのコピー2

メールでのお問合せはここをクリック!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

新潟県・広島県にある三島屋楽器店の日々のことや、和楽器の豆知識など和楽器についてもっと興味をもっていただきたいという想いからブログを始めました!

お箏(琴)や、三味線、和太鼓など皆さんの知らない和楽器の世界が広がるようお伝えしていきます。
よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
 〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL  http://www.3408.co.jp/

↑このページのトップヘ