三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

タグ:和太鼓修理

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。


和太鼓の張替えを多く手掛けていると、古~い太鼓の張替えがやってきます。

だいたいこんな感じですね。
未整理画像110804_002




太鼓の皮を剥ぐってみると・・・・


おお! ありましたよ! 中に文字書きが!!

IMGP0258

昭和十八年製ですねぇ。
70歳越えです。





つづいて
DSC_0007

明治三十六製  
100歳越えだ!!

お! 沼隈の職人が造ってる!
    ↑
   (現在は福山市)





さらに
3408_130422_002

嘉永六年製 !! ペリーさんが黒船に乗ってやって来た年ですよ!!

160歳越え!!

色々な出来事をこの太鼓たちは見てきたんでしょうねぇ。

これら全部の太鼓でした。
いきの長い太鼓は殆どが欅材ですね。

修理すれば、まだまだ和太鼓として頑張れますよ~



そのあたりの修理については過去ログにあるので、そちらもどうぞ。

過去ログ▼▼▼

和太鼓修理(1)

和太鼓修理(2)

和太鼓修理(3)

和太鼓修理(4)


ちなみに、嘉永六年 と聞くと

「ぶんきゅう さんねん のぉ~」と言いたくなるのは僕だけでしょうか?(笑)



お問合せは▼▼▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

いよいよ皮張りです。

ゴメンナサイ!!

皮張りの写真を撮るの忘れていました!

まぁ、やることは一緒なので、他の太鼓の時の写真をご覧ください。

family100616_066

皮は予め形を作っています。

仮掛けと呼んでいます。
こうやって仮に形を作っておかないと、しっかり太鼓の皮を張ることができないんですよ。


3408_130705_001

太鼓の皮をロープで締め上げて、ジャッキup!

胴と皮にすごい力が掛かっています!!

3408_130627_001

引っ張った皮を上から踏んで伸ばしています。

これを繰り返していくと、皮がパンパンに張っていきます。


程よく張ったら、鋲を打って、耳を切って完成!


IMG_20180402_081943954



真っ黒だった太鼓がぁ……




IMG_20180531_132807529

ピッカピカ⭐になりましたぁ❗❗

まるで新品のよう!末永く可愛がってもらってね!!


張替の際には、胴仕上げもあわせて検討しませんか?

お問い合わせは下記HPより。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。
前回に続いて塗装


さてさて、お次は塗装に入ります。


塗装は、太鼓をより美しく見せるために重要な工程なんですが、

もう1つ

表面を保護する役割も兼ねているのです!!

風雨にあたらないとはいえ、湿気やほこりを気にしないで良いわけではありません(>_<)


塗装することにより、大気中の湿気・埃を寄せ付けない、汚れも浸み込まない強固な膜が出来上がるんですよ。

三島屋さんは塗装ブース完備!!

このブースが無いとピカピカ艶のある塗装が出来ません!!
(大気中に残った塗料がくっついて、ザラザラするのです)


それでは、現場を覗いてみましょう!


S_7812032165506


基本の色を決める下塗り。
ここで色が決まります。

Image_7f3b835

後は、塗って!

塗って!!




塗りまくって!!


DSC_0283


ピカピカになりましたぁ!

あの真っ黒だった太鼓ちゃんが、こんなにも綺麗になるなんて!!

ビックリですね(^^)


さて、次はいよいよ皮張りです。


太鼓を塗装してピカピカにしたい方は三島屋楽器店まで!! ↓↓↓↓ 
メールでのお問合せはここをクリック!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。
前回に続いて太鼓磨き編

IMG_20180410_124928548_HDR



鋲を外したらいよいよ削り出し!

ぼかし丸_20180426_233250

削って!削って!





IMG_20180410_132427343_BURST001
だんだん白くなってきましたねぇ

っと、ここで鋲の穴を埋めましょう!

昔の太鼓は、鋲を打ち込んでいる位置がけっこうにあるんですねぇ。
※比較の写真は今度UPしますね。

それだと、今どきの太鼓よりも大きい面積で皮を作る必要がでてきます。1サイズ大きい皮で作ることもしばしば…。その分、料金がかさんで………

そうならない為にも、鋲の穴を塞いで、打ち込む位置を今どきの場所まで上げてちゃいます。


埋めてあげたら仕上げに突入!!


ぼかし丸_20180426_233454


磨いて!磨いて!



18
あんなに黒かった太鼓の胴が、こんなに白くなりました!!


さすがうちの職人さん!!いい〜仕事だなぁ〜!!
と、自画自賛(汗)



さてさて、お次は塗装に入ります。









メールでのお問合せはここをクリック!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

三島屋楽器店公式Facebook
URL https://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

↑このページのトップヘ