三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

タグ:和楽器

 こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。

会社は28日が仕事納めでしたが、


私は29日が仕事納め。



今年最後のお仕事は、なんとなんとラジオ出演でございます!


衆議院議員の小林文明さんの番組



小林ふみあきの「あなたの出番です!」に御呼ばれしちゃいましたぁ!

IMG_20181229_102334364
収録前の打ち合わせ。              相変らずのBose頭です(笑)




緊張していましたが、そこは100戦練磨の小林さん!!





緊張をほぐしてくれるトークで打ち合わせも和やかに(^^)
(実はご近所さんだったという)




収録は生放送形式なのでノンストップ!
クローズアップ現代もきっとこんな感じだね。
 
30分の収録をギュギュっと9秒に




内容は2109年1月21日 19:30からのオンエアで確認してね。



収録は無事に終了。

IMG_20181229_110351629
収録後にパシャリと1枚!



楽しい30分間でした。



小林さん 平野さん ありがとうございました!!



本年もありがとうございました。
今年の業務は一応終了!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


太鼓の撥は基本は真っすぐな物ですよね。
未整理画像080307_000




でも、地域によってはオリジナルの形の撥を使う事があるんですよ。




DSC_0047
例えば、こんなのとか・・・

桐で作られているんですよ。軽そうだ!!






DSC_0052

これは、朴の木で出来ています。

すりこぎ型ですね。





見本と同じようにということで
DSC_0110
こんな撥も作りました。




同じように作るのは結構大変なんですよ。





未整理画像070404_007
こんなのも作ったことがあります。

なかなか見かけないですよね。





昔から地域伝わる物は、撥に限らず独特な仕様の物が多いですよね。


それに対応できる職人さんが減ってきているので、この先おなじようなものしか作れず


地域の個性が失われていくのではと心配になります。



手に職をもつ職人さんが減らないように、伝承し、需要を増せるように頑張らないと!



今日もありがとうございます。


太鼓の撥についてのお問合せはこちら

http://www.3408.co.jp/detail.html?no=14304



特殊な撥はお問合せ下さいね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


糸の張替えで持ち込まれたお箏

IMG_20181205_151827881


糸が緑色です!

しかも、絹糸ですねぇ。



どこかで見た事あると思ったら、図鑑の表紙にありました。


IMG_20181205_151832410
※この図鑑、日本の楽器や、その歴史が詳しく書かれていて、
とっても重宝しています。
(でも緑の糸の記事はなかった・・・)



実際に見かけるのはこれが初めて。


どういう用途で使うのかは分からず・・・・・


聞くところによると、愛知県のある神社で使われているらしいとか・・・・


でも、このお筝は広島県内の依頼なんだけど・・・・・



神社関係かな???


今でもこの糸はあるのだろうか???
(今回は普通のテトロン糸に替えるのです。)


しばらくモヤモヤしそうです。


緑の糸についてご存知の方いらっしゃったら、コメント頂けるととても嬉しいです!!


今日もありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


先日、本社から桐の木が運ばれてきました。


IMG_0909

この丸太がお筝になります。


この木で大体 45歳


立派に育ってくれました。



さて、お筝にするために先ずは、皮むきから


備後地方は皮むぎって言います。


むく じゃなくて むぐ なんです。


BlogPaint
※表面の皮をむいでいます。


丸太1周むがないといけないので結構大変なのです。



皮むぎが終わったら、スミカケという作業に入ります。


どこを切るか決める作業なんだけど、この作業でお箏の顔が決まる


と~っても重要な作業になるんですよ。


出てくる木目を想像しながらの作業は、責任重大でもありながら


たのしい!


いずれ、紹介できればと思います。


その後は、甲挽き 乾燥 となるのだけど。

それはまたの機会に・・・・


IMG_20180726_082518986


IMG_20180726_082605505


今日もありがとうございます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

こんにちは!「三島屋の和楽器三昧」
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店
福山工場のカズキです。


日本には伝統工芸品と呼ばれる100年以上生産が続いている品物が多くあります。
  関連記事は
http://mishimaya-3408.blog.jp/archives/13802993.html



その伝統工芸品を紹介するイベントが羽田空港で開催されるのです。

Scan03551

関東及び甲州・信州・越後・静岡の伝統工芸品が羽田に集まります!


多くの日本人・外国人が利用する空港で、
このようなイベントが行われることはとても良い事ですね。



伝統工芸品の魅力・日本文化の魅力が多くの人に伝わるといいなぁ。



その伝統工芸品、
福山琴は、今回の対象地域ではないので展示はナシ・・・


広島県じゃけぇ


でも、和楽器のミニコンサートがあるので存分に

和楽器と

日本の音楽を

アピールしてもらいたいね。


Scan03561

11/23(金)~25(日)までの僅か3日間だけど、


たくさんの人に、見て・触れて・感じてほしいね。


いつかは福山琴も紹介できる機会が持てたらええなぁ。


今日もありがとうございます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988


↑このページのトップヘ