三島屋の和楽器三昧

三島屋楽器店の和楽器づくりや和楽器の豆知識をお伝えする三島屋ブログです。

タグ:長岡市

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。



さあ! 8月1日から長岡まつりが始まりますよ!!



本社がある新潟県長岡市のおまつりで8月1日~3日まで行われます。

1日は、駅前の大通りで地元の太鼓団体が集まり 100人太鼓 が催されます!

100台揃っての1打は体に響きますよぉ!


そしてそして、8月2日3日は2日間で2万発の花火を見に100万人が訪れる

大花火大会に大注目!

IMG_20190801_081436180~2


尺玉(直径30cmの花火)やスターマインがたくさん夜空を彩ります!!


近年、たくさんのお客さんが訪れるようになり、ホテルは1年前から予約がいっぱいのようです。


なので、長岡市外に宿をとって来られる方も大勢いるとか。


早くからの席取りもあるみたいで、熱中症には気を付けてくださいね!


私は、福山工場勤務なので、テレビで観戦します。

2日間ともテレビ中継があるんですよ!
迫力には掛けますが、涼しいお部屋でのんびり観ます。


今年も三島屋さんは、微力ではありますがお祭りに協賛させて頂いています。

IMG_20190801_081318871~2


IMG_20190801_081436180~3

綺麗な写真の裏側には、花火大会の歴史が・・・

IMG_20190801_081514750

うちわで少しでも涼しくなってくれたら幸いです。


IMG_20190801_081623217


今日もありがとうございます。


イベントの詳細は こちらをクリック



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

#三島屋の和楽器三昧 
#和太鼓ドーン  
#MISHIMAYA  
#三島屋楽器  
#和太鼓  
#WADAIKO  
#長岡花火  
#長岡まつり  
#100人太鼓  
#悠久太鼓 

http://mishimaya-3408.blog.jp/

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

5/31 本社工場にかわいいかわいいお客様が来てくれました!!

長岡市内の恵和保育園の園児さんでーす!


こちらの保育園さんは、園全体で和太鼓をとても熱心に取り組んでいます。

みんながいつも使っている和太鼓がどうやって作られていくか。その様子を見学に来られました。


BlogPaint




普段見る事のない現場にみんな興味津々!!




BlogPaint




職人さんも安全に思慮しながら説明、かわいい視線を浴びながら




BlogPaint

職人の話・作業を食い入るように見ていました。

見学が終わって、引率された保育士さんからは
「子供たちの顔つきが変わり、今後の太鼓の練習を一生懸命頑張れそうです。」

と、嬉しいお言葉!



子供達にも職人にもとても良い見学会になりました。



みんな! 太鼓の練習頑張ってね!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/


★三島屋楽器店公式Facebook
URLhttps://www.facebook.com/mishimaya3408/

★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

こんにちは。
和楽器を作り続けて100年の三島屋楽器店 福山工場のカズキです。

和太鼓に使われる「皮」は何を使用してるかわかりますか?


殆どの和太鼓には「牛」の皮が使われています。

牛は食肉で広く流通しているので、最も手に入りやすく、大きい皮も十分取れます。

殆どと書きましたが、ではアトは何の皮が使われているのでしょう。

それは、馬(午)の皮です。
桶太鼓_DSC9498や鼓小鼓 2のコピーで使われます。

特に鼓に使う皮は、仔馬が良いとされていますが、なかなか流通しないので貴重なものになっています。

牛と比べて馬の皮はキメが細かいのが特徴で、艶のある、弾けた音(音の感じ方には個人差がありますが・・・)が出ます。ただ、耐久性は牛皮に劣ります。

さて
長岡造形大学 輪太鼓衆転太鼓舞 さん はどちらがお好みでしょう?
新皮練習 (4)

牛皮でした!! 以前は馬皮を使用されていましたが、弊社が耐久面が勝る牛皮をこの度新調されました。

耐久力が増した分、しっかり打ち込めるようになったのでしょうか、「音がよく飛ぶ!!!」

との事で、大変喜んでいました。

新皮練習 (2)
↑↑ 新しい皮で練習も気合が入っています!!

長岡市で開催された「雪しか祭り」で早速披露!

17)_180219_0051

かっこいいですね!!!

地元の団体の力になれて
私たちも嬉しい限りです!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★本社・工場
〒940-0004
新潟県長岡市高見町4236
TEL(0258)24-1536
FAX(0258)24-1537

★福山工場
〒720−0841
広島県福山市津之郷町津之郷206−1
TEL (084)949−0987
FAX (084)949−0988

三島屋楽器店公式ホームページ
URL http://www.3408.co.jp/

↑このページのトップヘ